こんにちは。

Prima キュレーターチーム
石井景子です。
IMG_2183

本日は
《1》Prima 8インチパッドの中身
《2》マッチボックス レシピ
《3》今さら聞けない?!インチメモリの読み方

を、ご紹介します。


《1》Prima 2018年クリスマスラインの8インチ
パッドの中身を動画にてご紹介します。

※音声はありません。
↓↓↓




各メーカーより、8インチパッドやA4パッドや6インチパッドが発売されていますが、メーカーによっては、6インチだけは片面だったり、パッドになるとペーパー以外のステッカーなどがついていたりと、実際に冊子を開いてみないと意外と分からなかったりする事があります。

プリマの6インチ、8インチパッドは両面ペーパーです。各5枚入っているので気兼ねなく使えます。
A4パッドは両面ペーパー+オマケ的なステッカーなどが巻末に付いているものがあります。(最近の物にはほとんど付いていてますがシリーズにより違いはあるかもしれません)

個人的には最近ミニサイズが便利なので、積極的に6インチや8インチパッドを購入しています。普段12インチが多い方もたまには試してみてはいかがでしょう♪ とても使いやすいですよ〜♪


さて、その8インチパッドを使用して

《2》マッチボックス を作ってみました。

マッチボックスとは?
名前のとおり「マッチ箱」の形をしたものを指します。

まずは完成形
↓↓↓
IMG_2181

マッチ箱のようにスライドして開けると中に物が入ります。カードなどを入れても♪
IMG_2182

展開図とサイズレシピはこちら
↓↓↓

※ 8インチサイズから切り出しています。12インチからでももちろんokです。12インチからですと、下の箱と上のカバー両方が一枚から取れます。

IMG_2184
IMG_2185
IMG_2110

こんな形で組み立てます。

作りはとても簡単なのですが、
ぴったり

気持ちよく収まるサイズにするにはやはり何度か調整が必要です。今回も久しぶりにマッチボックスを作ったので10個弱試作をしまして、ベストなサイズ感の展開図がこちらになりました。


さてさて、その流れで…

《3》今さら聞けないインチメモリの読み方

上記レシピにある 
「1と 1/16インチ」はこちらの矢印のところです
IMG_2186


そして
「2 と 9/16インチ」はこちら。
IMG_2187



細かく見ていくと
↓↓↓

まず
「1インチ」は最大16メモリに分かれます。

分かりやすいようにトリマーのメモリ上に数字を当てました。
「2と 1/16 」から始まり
最後は 「16/16 =3インチ」
のメモリまで到達します。
IMG_2188

普段のレッスンキットでは16分割のメモリまでは、なかなか使わない事が多いです。

しかし、立体物やミニブックでは微妙な隙間や重なりが影響する事があるので、16分割のメモリでの指定もある場合があります。

細かいので見え辛いですが、しっかりメモリを読めるようになっておくと便利です


また、よく使われる長さのメモリはこちら
↓↓↓
IMG_2189

4分割程度が多いので、最低限こちらは瞬時に確認できるようにしておくと作業がスムーズです

★2.25、 2.5、 2.75 と表記される事もありますが、
★2と1/4、 2と1/2、2と3/4 などの表記もあります。

いずれの場合もしっかり感覚を掴んでおくと、切る場所もすぐにイメージしやすいと思います。


スクラップブッキングのキットをよく買われる方は皆様ご存知で今さら…かとは思いますが、普段インチは全然見ない、、!という方も実はとても多いです。

ぜひこの機会にインチのメモリを再確認してみていただけたらと思います^_^  

細かくはかって作ると、緩すぎず、きつ過ぎず、スルッとスライドできるマッチボックスが完成します♪ ぜひお試し下さい。

IMG_2181



本日も最後までお読みいただきありがとうございました少しでも何かの参考になれば幸いです♪


Prima キュレーターチーム
石井 景子/ブログ  https://ameblo.jp/cropxxxxx/





次回は  Jillibean soup キュレーターチームです♪
お楽しみに^_^