夏と秋が行ったり来たりの毎日ですね。

今週のブログは、Rangerチームの、矢野和恵が担当します。
 



 バースデーやクリスマスだけでなく、私は、サンキューカードや

写真をプレゼントするためのカードをよく作ります。今回は、

スタンプを使って大人な雰囲気のカードを作っていきましょう!



 スタンプでカードを作ると、同じ物を何枚か作ったり、色違いが

簡単に出来ますよ。送る相手や季節に合せることも可能です。

是非、色々作って楽しんでくださいね。


   ( 完成品 )




     
    
    
    
    
   
(使用材料)   


*Ranger   Specialty stamping paper 
 8 1/2 × 11(ペーパー)

*Ranger   DinaWakley  MEDIA   stamp     Just What to say
      (文字スタンプ)

*Ranger  ARCHIVAL INK   JET BLACK               (黒)


 *Ranger  Distress Oxide   walnut stain
                                             (茶系)
                                                     
                        brokenchina(ブルー系)    
 
*Prima cling stamp  poppy field (花スタンプ)
       
 *台紙用黒いペーパー

 (道具)

*Ranger  MINI BRENDINGTOOL
  (またはスポンジ)

*Ranger  Dina Wakley MEDIA        
           Stensils Big Leafy(ステンシル)


 *エンボスヒーター またはドライヤー

*筆

*水彩色鉛筆または水彩絵の具  

テープのり トリマー(カッター)



 (作り方)

 ①スタンプペーパーを1/4サイズにカットする
    
     (このペーパーを1/4にカットするとちょうど5.5×4.25インチの

   レターサイズとなり、定型封筒に入る大きさです!)

   インクの発色、なめらかさ、スタンプした綺麗さは 

   やはり専用ペーパーならではです。ぜひ、お試しくださいね。  


   





 ②リーフ柄のステンシルを斜めに置いて、マステで固定する(ずれ防止)
   
  ブルー系のOXIDEインクで、着色する。真ん中辺りは白いまま残す。

  左下に茶系のOXIDEインクを少しつける(一色のインクだけでバックを

  作るよりも雰囲気が出るからです)

  乾燥させる(ヒーターを使っても良い)




   

    




     同じインクで左上と右下をぼかすように着色する。


  

 着色やツールの使い方については、私の前回担当ブログも

 参考にしてみてくださいね。

 http://handmadehappy.blog.jp/archives/20141603.html




   ③黒のアーカイバルインクで、文字と花柄を捺す。

  乾燥させる(ヒーター可)    
    
    
   






 ④花部分に水彩色鉛筆で着色する。水筆で少しぼかす。

   (見本は、黄色とピンクを使いました。)

   薄い色だけでは落ち着きが出ないので、OXIDの茶系インクに

   水を混ぜたものを、ところどころに足しています。





 筆に水をつけて、ところどころに散らしインクの色を抜きます。

 ペーパータオルで、軽くおさえて水分を取ります。


    
    
   
   
 ⑤黒いペーパーを5.5×8.5インチにカットして二つ折りにする。

  スタンプしたペーパーを5.5×4.25インチからひとまわり小さくなるように

  周りを少しだけカットして、黒いペーパーに貼り付けて完成です。





 このカードに使用した製品は、通販サイトメモリープレイスで
 

購入することが出来ます。






oxide ブルー系 


oxide 茶系


Archival Ink 黒



スタンプペーパー



文字スタンプ



花柄スタンプ



ステンシル



(参考作品)

同じスタンプを使っても、色や配置を

変えると、雰囲気がガラッと変わります!



 



   次週のブログは、We R Memory Keepers です。 お楽しみに!