みなさん、こんにちは。
メモリーパレットキュレーター、
「Ranger」担当の鵜飼淳代です。

今年になってRangerより発売されたインク、「Distress Oxide」は試してみましたか?

今までのDistress Inkとどう違うんだろう?と
まだ試していない方もいると思います。

そこで今回はこの新しいインクを使ったタグ作りをご紹介します(*^-^*)

DIstress Inkも使ったことがない!という方も、
両方で作ってみたので比べてみてください。
IMG_6923

それでは早速、作り方のご紹介です。

<マニラタグの作り方>(上の写真の両側)
左側がOxide、右側がDistress Inkです。

①タグに着色していきます。
 スタンプインクをマットに押し付け、
 マットに付いたインクに向かって霧吹きで
 水を飛ばします。(2〜3プッシュくらい)
 その上にタグを置きひきずるように動かして、
 全体に色をつけます。(両方のインクで同様に。)
 
 色がついていないところがあってもOKですが、
 気になるようならインクを狙ってください。
IMG_6934
 一度着色した段階ではあまり差がありません。

 写真ではわかりにくいかもしれませんが、
 左側のOxideの方が若干スモーキーで、
 色が混ざり合った部分もふわっとしています。

 そこで、いったんタグを乾燥させ、同じ要領で
 3回ほど着色してみると、より差が出てきました。
IMG_6809
 右側のDistress Inkでは色が重なった部分が
 少しシミっぽくなったのに対し、
 左側のOxideの方はマイルドに色が混ざりあい、
 全体的にかすんだような仕上がりです。
 

②ブラウンのインクでスタンプします。 
IMG_6941
 同じ色でスタンプしましたが、
 やはりOxideの方がふわっとした色合いですね。


③さらにニュアンスをつけていきます。
 ・スタンプがくっきりしていたので、スタンプ部分に
  霧吹きで水をかけ少しボケ感を。
 ・薄いグレーで文字スタンプをランダムに。
 ・白のアクリル絵の具を水でのばしたものを
  筆に取り、筆を振って絵の具を飛ばします。
  (周りに飛ぶので注意!!)
 ・グリーンのスタンプインクも上記と同様、
  水でのばして筆で飛ばします。
IMG_6935

 これでマニラタグのベースが出来上がりました。
IMG_6932
 Oxideはかなりスモーキーな感じ、
 一方Distress Inkはくっきりした印象で
 雰囲気がかなり違うようです(*^-^*)


 そしてさらに違いが出るのが黒いペーパーです。
 試しにスタンプしてみると....
IMG_6821
 Oxideはくっきり色が出ましたが、
 Distress Inkの方はただ濡れているような感じ。
 着色は難しそうです。

 では次にOxideを使用して黒いペーパーで
 タグを作ってみましょう💛

<黒いタグの作り方>

①エアーキャップを使用してスタンプします。
 全体ではなくところどころにインクを!!
 全体につけるよりも雰囲気が出ます(*^-^*)
IMG_6936

②次にグリーンとブラウンを全体に散らします。
 マニラタグと同様に筆を使ってもいいのですが、
 発色をよくするため、水分を減らす方向で
 着色してみました。

 スタンプインクをマットに押し付け、
 霧吹きで1プッシュだけ水を足します。
 この時、水がかからない場所も残しておくと、
 色がはっきり出るのでおススメです!
IMG_6885
 また、そのままペーパーを押し付けると、
 四角く着色されてしまいます(左側)ので、
 不要なペーパー等でインクを散らしてから
 ペーパーを押し付けて着色します。

 水がかかっていない部分を残しておくのがコツ!
 キレイに色が出ます。(右側の写真)

③ブルーのインクでスタンプし、
 さらに白いアクリル絵の具でサークル状に
 スタンプをしていきます。大きさの違うサークルを
 組み合わせるといいですヨ(*^-^*)
 今回はペットボトルとリキッドパールのふたを
 利用しています。
IMG_6940
 角をカットしてタグ状にしベースの出来上がり♪

あとは自由に飾って楽しみましょう!!

飾り方について、参考までに....
 
リボンはシームバインディングリボンを
マニラタグと同様にして着色しました。
Oxideはマットな印象に(左)、Distress Inkは
元のリボンの光沢がそのまま出ています(右)。
IMG_6937
今回はマットな質感が気に入り、
Oxideで着色したものを使用しました。
(色はcracked pistachiofossilized amber)
  
マニラタグのうち、Oxideのタグには
余分に着色しておいた黒のペーパーや
コルクステッカー(100円均一)にOxideインクで
着色したもの等を使用。
IMG_6939
Distressインクのタグには白のアクリル絵の具を
少し加え、ハート形にカットした厚紙に
着色したもの(写真参照)、ステッカー等を。
レッドのリボンもマットに仕上げたかったので
Oxideのworn lipstickで著色しています。


黒のタグにはリキッドパール(White Opal)で縦に
ラインを追加しパンチで抜いた蝶とステッカーを。
蝶は余分に着色しておいたマニラタグです。
リボンは黒いタグで使用した3色で著色しています。
IMG_6938
文字のステッカーは、パソコンからプリントアウト
してもOKだと思いますヨ(^_-)-☆

タグといえば「荷札」あるいは「値札」
見た目はしおりっぽいし、何に使うの?と
言われたりもすることもあるのですが、
ワインやプレゼントに添えたり、
そのまま封筒に入れてバースデーカードに。
あるいは12インチレイアウトや
ミニアルバムの アクセントとしても...
クリスマスバージョンであればツリーの飾りにもなりますね

いろんな使い方ができますので、ぜひ作ってみてくださいね♪


最後に、使用した材料等のご紹介です!!
メモリープレイスの実店舗、Webサイトで購入可能です。

【台紙】
マニラタグ RG-ISM27966
黒のペーパー 水を使うのである程度厚手のもの

【着色剤】
Distress Oxide 
   cracked pistachio fossilized amber 
 worn lipstick  iced spruce peeled paint 
 broken china walnut stain 
Distress Ink・・・マニラタグで使用
 比較したかったので同じ色を使用しましたが、
 下記インクセットが代用できると思います。
 Distress Mini Ink Kits Kit13 
 Distress Mini Ink Kits Kit3
リキッドパール White Opal  Rouge
スティックルズ Diamond
白のアクリル絵の具

【スタンプ】
お好きなものをご用意ください。
メインで使用したのは   
Dina Wakley Sketched Layered Fronds 

【飾りつけ用】
リボン エッグシェル リップスティックレッド
コルクステッカー、ウッドピンチ、ステッカー、
シサル麻、ペーパーの余り等

【その他道具】
ペーパータオル、ウェットティッシュ、水、筆、
霧吹き、蝶のパンチ
ペットボトルのふた、エアーキャップ(梱包材)、
防水性のマット(ヒートツール等で乾燥する場合、
耐熱性も必要)
※ちなみに今回使用したのはこちらのクラフトマット


次回は7月7日(金) 七夕ですね(≧▽≦)
紹介するブランドはWE Rです! お楽しみに〜